マルチアーティスト朝偉の情念が開花

「村山朝偉」墨アーティスト・手描き友禅染色・硝子工芸作家。1944年、新潟県生まれ日本を代表するエンターテイナーの舞台衣装を数多く手がける傍 ら、宮内庁御用の御献上品を制作。硝子工芸では日本工芸会の正会員として作品を多数発表する。さらに甲骨文字を出発点とした、人間の知恵と生命に関わる 原始の魅力を、墨アートとして制作。国内外から注目を集めている。昨年まで夕刊フジの連載他、各地でのワークショップなど精力的に活動している。
村山朝偉プロフィール

東京・神楽坂の赤城神社境内で、野外大筆書きライブの模様。ジャズの生演奏とイタリアブティックワインを楽しむ観客100人のド肝を抜く、入魂の一筆を披露しました。2文字を披露した。 ちなみに「赤は“人と火”の象徴。楽は“神を喜ばす”の意。

小出郷文化会館での文化イベント「墨アート&昔ばなし」。俳優で真夏座座長の真夏竜さんの昔話「隠れ蓑笠」とのコラボレーション。5メートル以上の古代文字「岳」を書き上げた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by forgaia on --.-- スポンサー広告

2013年9月九州にて山田法胤さんと

2012年好評を博した「法胤さんのお話とと墨アートの夕べ」を9月九州で開催予定!

詳細がわかり次第発表いたします。是非ご参加ください!
スポンサーサイト
Posted by forgaia on 05.2013 村山朝偉イベント情報   0 comments   0 trackback
 HOME 

リメイクデザイン

ともひでのリメイクファッション

検索フォーム

QRコード

QR

PR

人気ブログランキングへ QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。